1. ホーム > 
  2.  お仕事(風俗)のお話

M性感風俗嬢が教えてアゲル…知られざる乳首の開発方法

2017/9/12 - お仕事(風俗)のお話

現役で回春エステやM性感で働く風俗嬢は、男性を喜ばせるテクニックを持っています。男性が受け身になって楽しむのが回春エステやM性感の特徴であり、働く女性はリードする力が必要になります。竿や玉などの感じるポイントを責めるのはもちろん、乳首も入念に責めることで、お客様の快感は大幅に高まるのは間違いありません。実際に高田馬場や池袋や神田などの回春エステやM性感を利用経験がある方は、その良さをしっかり実感しているはずです。乳首が性感帯の男性は少ないようで非常に多く、女性以上に敏感である方も少なくありません。時には腰をくねらせ、時には可愛い声を漏らしてしまう方もいます。しかし、全員乳首が性感帯とは限らないため、性感帯であるかどうかを調べる必要があります。回春エステやM性感で働くのなら、このテクニックは覚えておいて損はありません。

まずは全身を滑らせていき、手のひらと指でもみ込むように動かしていくのが基本です。そして背中や肩や腰などを爪でなぞってひっかくような動きも加えていき、フェラチオに至る流れとなるでしょう。フェラチオに至るまでの過程で、胸元に舌を這わせて乳首を責めた時に、どういった反応を示すのかに注目するのが一つのコツです。少し触っただけでも体がビクンと反応すれば、まず間違いなく性感帯と考えて問題ありません。

実際に乳首を重点的に責めるにあたっては、まずは息を吹きかけてそっと触って舐めることを意識した方が良いでしょう。次に、乳輪の周囲を移動していき、舌を押し付けるようにきつく舐めていきのも効果的です。そしてそっと舐めるのと激しく舐めるのを強弱をつけて愛撫していくのがおすすめとなります。ベロベロ舐めるのも、ねっとり舐めるのも、甘噛みするのも効果的な方法で、一概にどれが正解かはいえません。それぞれの男性が感じるようにアレンジをしていかないといけないのが事実です。テクニックを組み合わせると、乳首を責めながら竿も同時に刺激するのが効果的とあります。体重をかけないようにお客様の体の上に乗っかるようにすれば、特に難しくはありません。フェラの時にも同時に乳首を刺激すれば、感度は何倍にもなるものです。乳首の開発方法は決して難しくはありません。制服プレイをしている最中に合わせてすることも可能です。問題となるのはお客様がどういった反応を示すのかであって、その時々に合わせて対応していくしかありません。

コメント