1. ホーム > 
  2.  恋愛のお話

破局の原因に多い「性格の不一致」を感じる場面

2017/9/19 - 恋愛のお話

恋愛感情がなくなってしまう理由で多いのが性格の不一致です。これは恋愛だけでなく人間関係全般に言うこともできるのですが、性格が合わないことで相手のことが嫌いになってしまったり、顔も見たくないといった最悪のケースになってしまうこともあります。
恋愛の末に結婚したのに、一緒に暮らしてみたら性格の不一致が分かって破局してしまったというのも離婚で特に多い理由です。
ではこの性格の不一致というのはどういったことなのでしょうか。
恋愛中は相手に自分のことをよく思ってもらいたくて、ちょっと無理をしていい人を演じてしまうことがあります。それが恋愛が続くうちに本性が出てきて、思っていた人と違うといったこともあると思います。
しかし本当に重要なのは育ってきた環境によって価値観が違ってくるということなのです。
例えばうまく恋愛を続けていくためには、金銭感覚が大切になってきます。金銭感覚は子供のころからどのように育ってきたかによって無意識のうちに根付いているものですから、相手に合わせて変えるというのが難しかったりします。
よいものは高いお金を出しても手に入れるというタイプの人もいますし、安ければ安いほうがいいと思っている人もいるでしょう。
これはどちらが悪いということではなく、その人の価値観になります。だからもし安くて量が多いほうがいいというタイプの人と高くても質がいいほうがいいというタイプの人が一緒に食事に行くとすると、行きたいお店のタイプが全く違ってきてしまいます。
恋愛の最初の段階や付き合いはじめならば、相手に合わせてみようかなと思うかもしれませんが、それが続いていくと苦痛に感じてしまうこともあります。
また料理の味についても同様です。家庭の味があるので、育ってきた環境によって好みの味も変わってきます。こういったちょっとしたことがだんだんと大きな気持ちのずれにつながっていってしまうのです。
これは生活をしていくといろいろな場面で遭遇することです。ちょっとしたことが我慢できなくなってしまうことが、性格の不一致という理由で破局へとつながっていってしまいます。
性格の不一致は、簡単に言ってしまえば価値観の違いと言い換えてもいいかもしれません。
それぞれが育ってきた環境などによって作られてきた価値観なので、全く違う価値観の人とはなかなか恋愛関係を続けていくのが難しくなってしまうのです。
まずは価値観を確かめ合うことが恋愛では大切かもしれません。

コメント